結婚するのはいつがベスト?

現在日本では初婚年齢が年々上がっているため、平均では男女共に30歳前後のタイミングで結婚するのが一般的です。特に大卒の場合は仕事に慣れて生活が安定し、ある程度独身生活を楽しんでいたらあっという間に30歳になるため、高卒や短大卒の人たちよりも遅いタイミングで結婚する傾向にあると言えます。しかし年齢に関係なく結婚を考えるきっかけとして、妊娠が発覚したタイミングで将来について真剣に考えるというケースがたくさんあります。近年は「授かり婚」という言葉が一般に定着しているのからもわかるように、平均的な初婚年齢に関係なく、赤ちゃんができたのをきっかけに結婚するという人たちは珍しくありません。その場合、平均しておよそ三割から四割程度の夫婦が離婚するといったデータもあるため、安易なタイミングで決意するのはおすすめできませんが、お互いに十分話し合い子供のために良い関係を維持できれば幸せは続いていくでしょう。他には転勤や昇進など仕事を取り巻く環境の変化が将来のことを考える良いタイミングとなり、結婚を決意するといったケースも多々あります。自分にとっていつがベストなのかは、このような平均的なデータを参考にしながら見極めましょう。

↑PAGE TOP